FC2ブログ

2007年 05月 22日

2007年 03月 25日

痛いニュース(ノ∀`)さまの記事を2点紹介。また中国。

まず一点目。

中国で“致死量3g”の「ニセモノの塩」が氾濫…「販売すれば ぼろ儲け。他人が中毒や癌になろうが気にしない」

「食塩にまで偽物があるのか」と思われるかもしれないが、偽塩の正体は製塩工場の廃液からつくった不純な塩や、通常「工業塩」と呼ばれる化学工業原料の「亜硝酸塩」である。
(中略)
亜硝酸塩は、白色不透明な結晶体で食塩に酷似し、水に溶けやすく、0.2~0.3グラムの摂取で中毒を起こし、3グラムで死に至る。偽塩は生産過程が不衛生で重金属などの有毒な化学物質が含まれていることもあり、これを長期間にわたって摂取すると慢性中毒をもたらし、甚だしい場合は癌になる可能性が高い。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20070322/121473/

from: 痛いニュース(ノ∀`)


こんな排水から作られてる物質でしょ、口にしたくないよ…。


で、二点目。

“中国産の毒入り小麦粉”を使ったペットフードで飼い犬や飼い猫が相次ぐ死…アメリカで大規模リコール拡大中

http://abcnews.go.com/US/story?id=2975912&page=1
アメリカで、犬や猫の肝臓の機能が停止し、多くの飼い犬や飼い猫が死亡し、先日六千万缶以上の大規模なリコールが行われたメニュー・フーズ社製のペットフードに使われていた中国から輸入した小麦粉の中から大量のネズミの駆除に使われる毒が検出された。

この一連のペットフードリコールのニュースは、米三大ネットワークやCNNやFoxNewsで
毎日大々的に取り上げられており、中国産食品への安全性が問われそうだ。

from: 痛いニュース(ノ∀`)


基本、中国産もしくは中国製の食品は毒と思うべき。ヤバすぎ。

2006年 12月 03日

人ごとではないですなぁ。。。
いい大人なんだから、きちんと対応しようぜ、とおもうよ。

<いじめ>「大人」の職場でも深刻 労働相談の2割近くに

 「大人のいじめ」もまん延してます――。日本労働弁護団(宮里邦雄会長)の実施する労働相談で、職場でのいじめに関する相談件数が全体の2割近くを占め続けている。内容も言葉のいじめから直接的な暴力まであり、弁護団は「子どものいじめ自殺が相次ぐ中、『子は親を映す鏡』というが、長時間労働などが職場にギスギスした雰囲気を生み、いじめにつながっているのでは」と分析。「14年間の相談活動の中で経験したことのない異常事態」と指摘している。

 弁護団によると、年間約2000件寄せられる相談のうち、いじめに関する相談の割合は04年に8%で、不払い残業(30%)や解雇(14.9%)などと比べて相談は少なかった。それが05年には17.7%と2倍以上に増加。06年も17.2%と高水準のままだ。これに伴って労災の相談では、従来のけがなどから「うつ病」の相談がほとんどを占めるようになった。

 20代のシステムエンジニアの男性の事例では、システムの完成が進まないことから「再教育」の名目で仕事と関係のない研修を受けさせられ、ひざげりなどの暴力を受けるようになり、うつ病となった。また、経理職だった女性は営業に回された上、けんしょう炎になるまで古い伝票を破る作業を延々とやらされたという。技術の未熟な若者や動きの鈍い人などが狙われるらしい。

 弁護団の棗一郎弁護士は「さまざまな形のいじめがある。法的措置で対抗もできるのでぜひ相談してほしい」と話している。

 弁護団は2日を中心に20都道府県で電話相談「労働トラブル110番」を実施。常設的な相談も行っており、問い合わせは弁護団(03・3251・4472)へ。

from: Yahoo!ニュース


2006年 11月 28日

「小中学校で給食費滞納18億円、余裕があるのに払わない保護者が目立つ」
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2006/11/18_5.html

読売新聞が独自に調査した結果、2005年における全国の公立小中学校において18億円を超える給食費が滞納されていたらしい。
「払わない」派の意見としては
 ・法律で定めて義務で通わせているのだから、費用はすべて国が持つべきだ
 ・お金がもったいないからうちの子は給食を食べさせなくてけっこう
というものが多いみたい。
給食の時間も大事な育成の場だと思うんだけどなぁ…。
こう言う考えを持っている親に育てられてしまった子供は、行儀よく食べたり、他人と食事しながらのコミュニケーションはとったり出来るんだろうか…。

反対派の意見はどうでもいいけど、以下引用文が一番大事なトコなんじゃないのかなぁ。

「(自分の給食費が)もったいないから支払わない」ということを親が主張していると子どもが知ったら、その子どもはどう思い、心を痛めるのか。親の立場として、そして「逆に自分が子どもの立場で、親にそのような態度をとられたらどう思うのか」。まずは考えて欲しいものである。





それにしても、滞納分をポケットマネーで立て替える校長先生もたいへんだw

2006年 02月 24日

私用PCを持ち込むこち自体おかしいんじゃないだろうか。
持ち込んで、しかも機密情報を扱ったりするのなら私用PCでも用途に制限をかけるべき。
情報流出は散々話題に上がっているのに、なんでこういうことになるんだろうか。自分だけは大丈夫って思っているのか…。

海上自衛隊の「秘」情報がWinnyで流出、防衛庁が調査を開始

 防衛庁は23日、海上自衛隊の護衛艦の訓練関係の文書などの情報が含まれる多数の資料が、ファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出したとして、調査を開始したことを明らかにした。

 防衛庁によると、流出した資料は、海上自衛隊の佐世保基地に配備されている護衛艦「あさゆき」の電信室所属の通信員(曹長)が所有していたと思われるファイル。同通信員の私用PCがウイルスに感染し、Winnyを通じて流出したとみられている。

 流出したデータには、自衛艦のコールサインの一覧など、情報の重要度で「秘」とされる文書や、隊員の名簿等の個人情報が含まれているという。また、さらに重要度の高い「極秘」とされる暗号書や乱数表などについて、文書名の一覧表も流出したが、文書そのものは流出していないとしている。

 防衛庁では、今回の件を受けて、コールサインや乱数表の変更など適切な対応を行なったと説明。流出したデータの内容や範囲など詳細は調査中で、ファイルを流出させた隊員への処分なども検討中としている。

from: INTERNET Watch


>続きをよむ

≪Newer Older≫

« | 2017/03 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

information

動画を見るためにはAppleのQuickTimeが必要です。

Recent Comments

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。