FC2ブログ

2006年 09月 11日

昔、とても恐妻家な武将がいました。
彼はある日新しい部隊を作る為に人を集めました。
虎を素手で殺す者など、次々と猛者達が集ってきて
武将は誰をその部隊の隊長にするべきか悩んだ末に
「自分の女房が怖いと思う者はこちらの旗、怖くないという者はこちらの旗の下に集まれ」と言いました。
すると、虎を素手で殺した者をはじめ、みんな女房が怖いという旗の所に集まってしまいました。
武将ががっかりしていると、一人だけ怖くないという旗の所に立っている者がいます。
武将は喜んでその男を隊長にしようと思い、宴の席で尋ねました。
「お前はどうしてあの旗の所にいたのだ?」
武将の望んだ答えは『私は妻など怖くない。よってこの世に怖いものなど何もない』
すると男は恥ずかしそうにこう答えました。
「実は将軍様の声がよく聞こえなかったので……どうしたらよいか分からないときは、
皆と一緒に行動せずに様子を見ろと妻にきつく言われてまして……」
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
« | 2017/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

information

動画を見るためにはAppleのQuickTimeが必要です。

Recent Comments

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。