FC2ブログ

2006年 02月 05日

蛾とカブトムシ

昔、あるところで毛虫とカブトムシが愛し合って暮らしていた。
あるとき、毛虫は糸を吐いて繭(まゆ)を作り、その中にこもり始めた。
カブトムシは毛虫が死んだと思って歎き悲しんだ。
すると、ある日突然、繭の中から蛾が現れた。カブトムシは思った。
「なんだこいつは。オレが歎き悲しんでいるのに派手な格好でうろちょろしやがって」
カブトムシが蛾に襲いかかろうとした時、二人の眼と眼が合った。
眼は、あの愛しい毛虫の眼だった。

――蛾とカブトムシは、また一緒に暮らし始めた。
ただ、いままで通り愛し合って暮らすためには、たびたび相手の眼を見るという努力が必要だった。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
« | 2017/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

information

動画を見るためにはAppleのQuickTimeが必要です。

Recent Comments

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。