FC2ブログ

2005年 09月 18日

デイブは常に一生懸命だ。工場では残業をたくさんするし、ほとんどの夜はボウリングをしたり、バスケットボールをしたり、フィットネスで鍛えたりしている。デイブの妻、メアリーは彼が色々頑張りすぎていると考え、彼の誕生日には地元のストリップクラブに連れて行く。

クラブの入り口でドアマンが挨拶をするとこう言う。「ヘイ、デイブ、調子はどうだい?」

メアリーは困惑し、デイブがここに来たことがあるのか質問する。

「いや、ないよ。彼はフィットネスで一緒に鍛えている仲間なんだ。」とデイブが答える。

二人が席に着くと、ウェイトレスが来てデイブにいつものバドワイザーで良いか聞く。

メアリーはだんだんいらいらしてきて言う。「あなたがバドワイザー飲むのを知ってるなんてここにいっつも来てるんじゃない!」

「違うんだよ。今の彼女は婦人ボウリングチームの人なんだ。いつもレーンで隣合うんだよ。」

ストリッパーが二人のテーブルに来るとデイブの肩に腕を回してこう言う。「ハイ、デイビー、いつものテーブルダンスで良いかしら?」

メアリーは怒り狂い、バッグを掴むとクラブから荒々しく飛び出していく。

デイブが追いかけて行くと、妻がタクシーを捕まえているのを見つける。メアリーがドアを強く閉める直前、デイブは妻の隣に滑り込む。すぐに彼女はデイブに向かって叫び始める。

タクシーの運転手が後ろを振り返ってこう言う。「今夜はとんでもない女を拾ったみたいだな、デイブ。」
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
« | 2017/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

information

動画を見るためにはAppleのQuickTimeが必要です。

Recent Comments

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。