FC2ブログ

2005年 09月 18日

エデンの園での神様とイブ

エデンの園でのある日、イブは神様にむかって呼びかける。「神様、問題があるんです!」

「どうしたんだね、イブ?」

「神様、私を創造してくださって、美しい園と素晴らしい動物たちと、あのおかしな蛇と、だけど私は幸せじゃないんです。」

「どうしてだね、イブ?」と天上からの声が聞こえる。

「神様、私は一人で寂しいのです。それにりんごには死にそうなくらい飽きてしまいました。」

「それならイブ、解決策を授けよう。『男』を創造しようではないか。」

「『男』とはなんですか、神様?」

「この『男』とは多くの悪い特性がある、欠点だらけの存在だ。男は嘘をつき、騙し、うぬぼれが強い。簡単に言ってしまうと、男は君にとってひどい存在になる。しかし、男は大きく、速く、狩りが好きで殺すことを好むだろう。興奮するとあほみたいに見えるだろうが、君が必要とするのであれば、君を、その、、身体的に満足させる事が出来るように男を創造しよう。男は気が利かず、子供のようにボールを蹴ったり、ケンカをしたりという事に楽しみを覚えるだろう。

男はあまり頭が良くないので、まともな考え方をさせるのさえも君の忠告が必要となるだろう。」

「悪くないですわ。」と言い、皮肉っぽく眉を上げてイブは続ける。「神様、それで引き換えとなるのは何ですか?」

「おお、そうだな、、、男を作るのに一つだけ条件がある。」

「神様、それは何ですか?」

「言ったとおり、男はプライドが高く、傲慢で、自己賞賛したがる存在なんだ。だから男を作ったらわしが最初に作ったのは彼だと信じ込まさせないといかん...だから覚えておいてくれ...我々だけの秘密じゃ...
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
« | 2017/06 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

information

動画を見るためにはAppleのQuickTimeが必要です。

Recent Comments

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。