FC2ブログ

2005年 09月 02日

私を育ててくれているのは、本当うに年をとった一人のおじいさんです。
おじいさんはいつも歌をうたっていました。

私が少し大きくなってその歌をよく聞くと、それは歌をうたっているのではなく、泣いているのでした。
わけを聞くとおじいさんは、
「昔あった村は病気がはやってみんな死んでしまった、生き残ったのはわしと孫のお前だけだ、死
んでしまった人々のことを思うといくら泣いても泣ききれない」
と言いました。


おじいさんはあまりにも年をとっているので、熊や鹿を採ることができません。
兎や狐のような小さい獲物をとって、おいしい肉の方をいつも私に食べさせ、
自分は固い肉をしゃぶります。
山からとってきた薪も、私が座る方によく燃える木を自分の方にはあまり燃え
ない木を、という具合です。

そのようにして私は大切に育てられ、今は自分の着物の裾を引っ張って、おちん
ちんを隠すぐらいの年ごろになりました。
おじいさんに代わって自分で狩りをできるようになりました。


泣いてばかりで暮らしていたおじいさんは、そのためかだんだん目が衰え、しまい
には全く見ることができなくなりました。
あれほど私を可愛がり、自分は食べなくても私には食べさせてくれたおじいさんで
したが、私はおじいさんと暮らすのが嫌になりました。

目が見えなくなったのをいいことに、肉でも魚でもおいしい方は私が食べ、おじい
さんには骨や筋しかあげませんでした。
薪も、私が座っている方にはよく燃える木をくべ、おじいさんの方には生木をくべま
した。おじいさんは煙にむせながら、いつも寒い思嫌ひもじい思いをしてじっと我慢
をしていました。


おじいさんが早く死ねば、私は一人でどこかに行って楽ができると思い、
段々意地悪も露骨になって、三度の食事も二度、一度に減っていきました。

おじいさんは一言の愚痴も言わず、段々痩せ細って、終いには手も足も
骨と皮だけのようになり、今では自分で寝返りも打てません。


これぐらい弱ったらまもなく死ぬだろうから、おじいさんを捨てて私はどこかに
行こうと思ったのでした。
家の中にあった宝物入れの箱を背負い、生きているおじいさんを置き去りにして、
川の上流に向かって歩きはじめました。

家からずいぶん歩いたころ、川のふちに一本の柳の木があって、川の上に泳ぐ
ようなかっこうで立っていました。
見ると、木にはクッチのつるがからみ、たくさんのクッチの実がなっているのです。

私は突然どうしてもその実を食べたくなり、木に登ってクッチの実を一粒、二粒、
口に入れた途端、急に体の力が抜けて、動くことが出来なくなりました。


自分で自分の体をよく見ると、クッチのつるの網にからまってるというよりも、
つるが体をブスリ、ブスリと貫いて通っているのです。

私は大きな声で「おじいさーん、助けてえー」と泣き叫びました。


すると、上流から一そうの丸木舟に乗った二人の若者がやってきました。
若者たちは木の下に丸木船をつけて、岸辺に上がりました。
助けてもらえる、と思って喜んでいた私を、若者たちは手に持った竿で、めった
めったに殴りつけました。

「おじいさんに不孝をした罰で、このようにされてるのも知らず、助けてくれと
はよくも言えたものだ。これからは死ぬにも死ねずに、いつまでもここにさらさ
れているがよい。おまえのしたことを火の神さまが見ていて罰を与えたのだ。肉
親に不孝をしたものがどうなるか思い知れ。」

と言いながら、二人は散々私を殴りつけると、さっさと丸木船に乗って川を下って
行ってしまいました。


それからというものは、川を通る舟人は必ず私を殴ってから通っていき、死ぬにも
死ねず、夏は雨や風に打たれ、冬はみぞれや雪にさらされて凍えるばかりです。
クッチの実を食べにくる鳥たちにふんをかけられながら、体の肉は溶けてしまい、
骨ばかりになってしまいました。
それでも頭だけは生きていて、何年も何年も苦しんでいるのです。

「だから今いる子供達よ、おじいさんやおばあさんに不孝をしてはいけません」
と、一人の子供が言いながら死んでしまいました。


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
« | 2017/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

information

動画を見るためにはAppleのQuickTimeが必要です。

Recent Comments

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。