FC2ブログ

2005年 08月 18日

宝くじ6億円が当たった夫婦の淋しい人生

いい年して、自分達の欲望を制御できないのもホントばからしいですが、、、悲しい出来事だなぁ…。
当たらないほうが、全然幸せになれたんだろうにね。
人は、金で変わるのを如実に表したNEWSです。コワイ。

スティーブさんとロベルタさんのラインカーズ夫妻は、家賃を払いながらやっとの思いで2人の子どもを大学に入学させていたが、1992年に宝くじに大当たりした。

電気技師と秘書だった夫婦は、税引き後、550万ドル(6億円)の現金を手に入れた。

ふたりは地元ローリングブルックに約5千万円の家を買った。スティーブさんはゴルフ会員権を購入してカントリークラブ入りし、何十万ドルも友人らに貸し付けた。ロベルタさんは、宝石を買いあさり、旅行に明け暮れた。

2年も経たずして、当選金のうち1億数千万円はあっと言う間になくなってしまった。そして2人は離婚訴訟へ。裁判では、お互いが金を浪費しているといって非難しあった。

結局、離婚訴訟は90年代終わりまで続き、その数年後にロベルタさんは心臓疾患で亡くなってしまった。ロベルタさんが亡くなった後、スティーブさんは金銭トラブルが続き、今度は数十万ドルを銀行から借金する羽目になってしまった。

そしてローリングブルックの家は8月22日に公売にかけられる事に決定した。なぜなら、48万ドル(5000万円)の住宅ローンの返済をスティーブさんは怠ってしまったからだ。

離婚訴訟で妻ロベルタさんの弁護を担当していた弁護士は、「ゾッとする話だ。どうしてこんなことが怒ってしまったのだろう」と話す。

スティーブさんは現在59歳。2001年にうっ血性心不全で亡くなったロベルタさんは、約1億1千万円の不動産と投資を2人の子どもに遺産として残している。

from: ABC振興会


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
« | 2017/08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

information

動画を見るためにはAppleのQuickTimeが必要です。

Recent Comments

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。