FC2ブログ

2005年 08月 11日

第一級殺人の罪で終身刑の判決を受け、25年間監獄で過ごした男が脱走した。
脱獄囚は逃亡の途中で一軒の家に押し入った。
そして、寝室で眠っていた若い夫婦を縛り上げる。
夫は椅子に縛られ、妻はベッドの上に括り付けられた。
脱獄囚はベッドの上の妻におおいかぶさり、彼女の耳元にキスをしている。
猿轡をはめられた妻は、声も出せない。
すると突然、脱獄囚は部屋を出て行ていった。
この機を逃すまいとばかりに、夫は縛られた椅子ごと妻に近づき、小声で勇気付けた。
「ハニー、奴はきっと何年間も女の味から遠ざかっているんだ。今に戻ってきて、君にひどいことをするかもしれない。でも抵抗しないで、野郎の好きなようにさせなきゃダメだよ。奴が一戦交えるつもりなら、何も考えずに身を任せ、自分も楽しんでいる振りをするんだよ。些細なことで、嫌がったり怒らせたりするのはこの際得策ではない。二人の命はそれ次第なんだ! 負けるんじゃないぞ、愛しているから」
なんとか詰め込まれた猿轡を吐き出して、半裸の妻は涙目で夫に訴える。
「アナタ、そんな風に言ってくださるなんて心底ホッとするわ。何年間も女を味わっていないというのはアナタの言う通りよ。だけどアイツがしていたのはキスなんかじゃないの・・・・私の耳元で囁いていただけよ。アイツったらアナタが可愛いんですって。潤滑剤のワセリンはバスルームに置いてあるかって訊いてきたわ。アナタ負けないでね、私だって愛しているんだから」

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
« | 2017/07 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

information

動画を見るためにはAppleのQuickTimeが必要です。

Recent Comments

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。